ブログ

ハイブローC-8000のパーツを交換【前編】

キョーリンハイブローC-8000ヒューズ+(プラス)本体と交換パーツ

最近キョーリンハイブローC-8000ヒューズ+(プラス)の吐出量がだいぶ落ちてきました。
エアーの調整をしてもあまり変わり映えしないし、これはパーツ交換の時期かな?ってことで
今回ストックしていたパーツに交換することにしました。

私のろ過方法は8割ほど底面フィルターに頼っています。
外掛けフィルターAT-75Wも付けてはいますが、基本的には底面フィルターが生命線です。
だからエアレーションが止まると、どうしようも無くなるので、壊れる前に交換です。

このページはハイブローC-8000のパーツを交換【前編】です。
【後編】では分解したハイブローC-8000の組み直しや完了後の感想を綴っています。
長くなりましたので、2ページに分けました。よろしければご覧ください。

スポンサーリンク







スポンサーリンク




ハイブローC-8000の交換パーツ

ハイブロー C-8000 ヒューズ+(プラス)共通 交換パーツセット
ハイブロー C-8000 ヒューズ+(プラス)本体
出典:チャーム楽天市場店販売ページより

交換パーツは、もしエアーレーションが止まってしまったら!って事を考えて以前から用意していました。
購入は楽天市場のチャームさんで購入しました。またキョーリンハイブローC-8000ヒューズ+(プラス)本体も
同じくチャームさんで3~4年ぐらい前に購入したものだと思います。

本体を購入してから使用していない時期も少しありましたが、パーツ交換まで長持ちしたような気がします。
ハイブローC-8000には吐出量のHIGHスイッチとLOWスイッチが付いていますが、いつもLOWで稼働させています。

交換パーツセットの中身

ハイブローC-8000ヒューズ+(プラス)共通交換パーツセットを開封してみると

キョーリンハイブローC-8000ヒューズ+(プラス)交換パーツ

下記のようなパーツが入っていました。

  • 振動子ブロック
  • ヨークパッキン
  • フィルター
  • フィルター押さえ

私は初めてのパーツ交換でしたので、どのように交換するのか全く知りませんでしたが
そんなに難しい交換作業ではありません。プラスドライバーが1本あれば交換が可能でした。

パーツ交換作業開始

キョーリンハイブローC-8000ヒューズ+(プラス)本体

まずはハイブローC-8000ヒューズ+(プラス)本体の上部カバーを外すところからです。

ハイブローC-8000本体上部カバーを外す

ハイブローC-8000ヒューズ+(プラス)本体の裏面に4本のネジで、
カバーが固定されていますので本体を裏面に向けます。

写真、赤丸のところが4本のネジ穴になっていますので、
そこへプラスドライバーを入れ外していきます。

ハイブローC-8000本体上部カバーを外した写真

上部カバーを外すと上の写真のような物体が出現しました。
多分ここに振動子ブロックが入っているんだろうな、って感じの物体です。

ハイブローC-8000本体上部カバーを外しパッキンも外す

本体上部カバーを外すとパッキンも入っていますので、それも取り外します。

ハイブローC-8000吐出ノズルを外す

次に本体にはめ込まれている吐出ノズルを取り外します。
吐出ノズルは上に引き上げると簡単に外れました。

ハイブローC-8000吐出ノズルが外れた

吐出ノズルが外れた様は、上の写真のような感じです。

ハイブローC-8000振動子ブロックの入っているBOX

今度は振動子ブロックが入っているBOXを取り外します。

ハイブローC-8000振動子ブロックの入っているBOXを外す

振動子ブロックは、上の写真の赤丸部分のゴムで止まっていますので、少し力を加えて
振動子ブロックが入っているBOXを引っ張るとプチプチと音をたてて外れます。

ハイブローC-8000振動子ブロックの入っているBOXが外れた

振動子ブロックが入っているBOXを外してみると上の写真のような形です。
配線はつながったままですので、あまり無理には引っ張らいようにしましょう。
上の写真の赤丸が、本体ケース下の部分とつながっていたゴムです。

ハイブローC-8000振動子ブロックの入っているBOXの蓋を外す

次に振動子ブロックが入っているBOXを開けます。
上の写真の赤丸部分のネジ4本をゆるめ外します。

ハイブローC-8000振動子ブロックの入っているBOXの蓋のビスを外す

私のハイブローC-8000ヒューズ+(プラス)は4本のネジのうち3本しか外せず、
1本は途中で止まってしまいますので、このまま作業続行です。

スポンサーリンク




振動子ブロックを交換

ハイブローC-8000振動子ブロックの入っているBOXの中

振動子ブロックが入っているBOXを開けると上の写真のようになっていました。
左から上蓋、ヨークパッキン、振動子ブロックとなっています。

ハイブローC-8000振動子ブロックを外す

さて次はメインの振動子ブロックを外します。
振動子ブロックは上の写真の赤丸部分のネジで止まっています。
左右合わせて8本のネジがありますので、それを全て外します。

ハイブローC-8000振動子ブロックが外れた

ネジ8本を全て外し振動子ブロックを引っ張ると、上の写真のように外れます。

ワンポイントアドバイス

ハイブローC-8000振動子ブロックが外れにくい時の対処法

もし引っ張っても振動子ブロックが取りにくい場合は...

振動子ブロックを挟んでいるような多分コイルだと思うのですが、
※間違っていたらすいません。
このコイルと振動子ブロックの間に磁気が発生している感触があります。

ですので、

スッと振動子ブロックが上がってこない場合は少し前後に倒してやると取れると思います。

ハイブローC-8000古い振動子ブロックと新しい振動子ブロック

そして上の写真の上側が古い振動子ブロック、下側が新しい振動子ブロックです。
見た目では古いか新しいなど見分けがつきません。

ハイブローC-8000新しい振動子ブロックを取り付ける

それでは新しい振動子ブロックをBOXに取り付けていきます。
写真の赤丸を見ていただければ分かるように、振動子ブロックを入れただけでは
ピッタリとはネジ穴と合いません。先ほども書いたように、磁気の関係かどちらかに寄ります。

ハイブローC-8000振動子ブロックを真直ぐに止める方法

そこで振動子ブロックのネジ穴とBOXのネジ穴を合わせながら、最後まで締めつけないよう
1本ないし2本のネジを仮に止めます。

ハイブローC-8000振動子ブロックの仮止め

ネジの仮止めをすると上の写真のような感じになります。
振動子ブロックのネジ穴とBOXのネジ穴が合ったのが分かります。

ハイブローC-8000振動子ブロックのビスは対角に締める

そしてネジを締めて行くのですが、仮止めのような状態からの締め付けなので
もしかするとネジが斜めに入っている可能性もあります。

ですので、もしネジが斜めに入っていっていると感じた場合は、そのまま締めつけるのではなく
一度斜めに入ってしまったネジを緩め、真直ぐの状態に戻してからもう一度締めたほうがいいと思います。

またネジを締める時は上の写真のように対角に締めていくと真直ぐに振動子ブロックが収まると思います。

ハイブローC-8000古いヨークパッキンと新しいヨークパッキン

次はヨークパッキンを合わせます。
ヨークパッキンとは上の写真のクッション材のようなさわり心地のシートです。

今度はこのヨークパッキンを新品に交換します。
ちなみに上の写真では左側が新品、右側が古いヨークパッキンです。

ハイブローC-8000ヨークパッキンを振動子ブロックの上に乗せる

ヨークパッキンは交換というより、新しいものを振動子ブロックのBOXの上に置いて
黒い蓋を閉めるときに挟み込むといった感じです。

ハイブローC-8000振動子ブロックのBOXの蓋を閉める時の注意点

振動子ブロックのBOXの黒い蓋を閉めるときに少し注意したいのが、
上の写真の丸印の部分、配線カバーのようなゴム製のものの位置です。

こちらは振動子ブロックのBOXに溝がありますので、そこへきちんと納めてから
ヨークパッキンを挟み込み黒い蓋を閉めないと、きっちり蓋が閉まりませんのでご注意を。

ハイブローC-8000振動子ブロックのBOXを密封

振動子ブロックのBOXの黒い蓋を閉めると上の写真のようになります。
配線カバーのようなゴム製のものは、少し作業しにくい部分ですが、
ここは配線切れを防ぐためにも、きっちりはめ込んだ上で閉めたほうがいいと思います。

ハイブローC-8000振動子ブロックのBOXをネジで締める

これで振動子ブロックの交換とヨークパッキンの交換が終わりました。
黒い蓋のネジを締めて内部のパーツ交換は完了です。

これでハイブローC-8000内部のパーツ交換は完了しました。
長くなりましたので、次のページで組み直しのレポートさせていただきます。

1 / 212

スポンサーリンク




関連記事

スポンサーリンク

水槽の立ち上げリセットの記録
外部フィルタースペック比較

CATEGORIES

水槽本体レビュー 水槽用品レビュー

REVIEW

  1. アクアスタイル600LOW
  2. ベロペット
  3. 冷凍ディスカスハンバーグ
  4. LeafCorpテラコッタシェルター小
  5. 冷凍アカムシ(赤虫)
  6. 外部フィルタースペック比較
  7. FULVIC 02(エビのエサ6種お試しセット)
  8. プラ箱L60ブラック
  9. GEXグラステリアスリム450
  10. 錦えびプロシリーズフードベジタブル
  11. 購入経験のある水槽本体レビュー
  12. アクアリスト1200LT

掃除グッズレビュー
エサ(餌)レビュー

NEW PAGE

水槽屋.com
ページ上部へ戻る