ブログ

LSS研究所スポンジフィルターLS-30S音軽減改造

LSS研究所スポンジフィルターLS-30S音軽減改造

ブラック(黒白)ビーシュリンプ水槽の立ち上げの前に
気になりだすと吐出音が少々うるさい、LSS研究所スポンジ
フィルターLS-30Sの音を軽減するために改造を行いました。

まずはこちら、純正のままのスポンジフィルターLS-30Sの音を
10秒ほどの動画ですがお聞きください。

純正のままだと泡も大きく、少し音が気になりませんか?
エアーポンプでの酸素供給やフィルター動作では、どうしても音を
消し去ることはできませんが、少しでも音が小さくなるならと思い
今回スポンジフィルターLS30-Sの改造を行ってみました。

改造に際し、サイト「漆えび論文」様の下記ページを参考にさせていただきました。
レッドビーシュリンプ水槽用にLSSスポンジフィルターを改造!! エアストーン設置

では改造開始!

スポンサーリンク







スポンサーリンク




LS-30Sはこんなフィルター

LSS研究所 スポンジフィルター LS-30S
出典:チャーム楽天市場店販売ページより

LSS研究所のスポンジフィルターLS-30Sはどのような
フィルターか、写真と一緒にご覧ください

LSS研究所スポンジフィルターLS-30S LSS研究所スポンジフィルターLS-30S本体写真

外箱は上の写真のような箱で、開けてみると本体と短いパイプが入っています。

スポンジフィルターLS-30S上から撮影 スポンジフィルターLS-30S裏から撮影
スポンジフィルターLS-30Sスポンジとパイプ スポンジフィルターLS-30Sパイプを装着した姿

各部分の大きさは

  • 全体の大きさ(パイプ未装着):高さ約9.4cm
  • 全体の大きさ(パイプ装着):高さ約16cm
  • スポンジの大きさ:幅約8.3cm×高さ約5cm
  • パイプの長さ:約7cm

以上のような大きさです。

スポンジフィルターLS-30Sエアレーション部分

使用方法は、水槽環境などに応じてパイプ部分を装着する、しないは出てきますが
写真の赤丸部分にエアチューブを差し込み、エアレーションをするだけです。

では本題の改造

前置きが長くなりましたが、本題の改造を行っていきます。

改造の内容は、
SL-30Sではエアレーションする部分に、細い穴のあいた棒状の
パイプが組み込まれていますが、エアを送ると出てくる泡が大きく、
吐出されてくる時の音が必然的に大きくなってしまいます。

ですので、そのエアが出てくる細いパイプ部分を、目の細かい
エアストーンが装着できるように改造するといったものです。

スポンジフィルターLS-30S台座を外す

スポンジの部分を台座から外し、スポンジ上部のフタを外します。
フタは回すのではなく取る感じです。最初は少し硬いかもしれません。

スポンジフィルターLS-30S部品を分解

スポンジも外し、下部のフタも外します。
上の写真のように分解が出来ますので全てを外してください。

スポンジフィルターLS-30Sスポンジ内部に入っている部品

分解が終わりましたら、使用するのは上の写真の部品。
スポンジの内側に入っていた部品です。

スポンジフィルターLS-30Sスポンジ内部に入っている部品上部 スポンジフィルターLS-30Sスポンジ内部に入っている部品下部

この部品には上の写真のように、空間がある形状の方向と
放射状に延びたプラスチックが付いている方向があります。

まずは放射状に延びたプラスチックを切断していきます。

改造内容と手順

切断風景です。

スポンジフィルターLS-30Sスポンジ内部に入っている部品放射状部分

先ほど書きました放射状に延びたプラスチックを切断します。

スポンジフィルターLS-30S部品放射状部分切断

最初はニッパーで切断しようと思ったのですが、先が届かなく
カッターナイフで切断することに。

写真撮影のため部品を置いた状態にしていますが、切断の際は
部品をしっかり持って、カッターナイフの先を切断する部分に当て、
グニグニと上下に押し切るようにすると切断できます。

スポンジフィルターLS-30S部品放射状部分切断完了

切断した放射状の部分の写真は上の写真です。

放射状の部分はそれほど硬いものではないので、カッターナイフで
なんなく切断できました。
でも切断する際は、くれぐれも手などを切らないように気を付けてください。

スポンジフィルターLS-30S部品放射状部分切断完了

放射状の部分を切った後の部品の姿は、上の写真のようになります。
この切り取った部分も、エアストーンを装着する際に使用しますので
捨てないで置いておいてください。

次の工程

次にエアストーンを用意します。
私が使用したエアストーンはこちらです。

いぶきエアストーン セラミックエアストーン 丸 直径10 #100
出典:チャーム楽天市場店販売ページより

このエアストーンは、先ほど放射状の部分を切断した部品の中に
仕込むのですが、あまり長くても仕込み元の部品自体が短いものなので収まりません。

いぶきエアストーン直径10と直径18

またエアストーンからたくさんの泡を出したいとも考え、家にあった
短く大きめのエアストーン(上の写真右側:いぶきエアストーン直径18#100)を
出してきましたが、なんとなく合わせてみると大きすぎます。

いぶきエアストーン直径10#100大きさ

ですので上記で紹介した「いぶきエアストーン丸 直径10 #100」を
使用することとしました。

スポンジフィルターLS-30Sエアストーン部分製作部品

エアストーンを仕込むのに用意するものは上の写真のものとなります。

  • 放射状の部分を切り取った部品
  • エアストーン
  • エアチューブ
  • 切り取った放射状の部分
  • 上のフタ

上記内容のものが用意できましたら、まず、切り取った放射状の部分と
上のフタとエアストーンで長さを決めます。

スポンジフィルターLS-30S棒状分切断

上のフタに切り取った放射状の部分を差し込みます。
差し込みは実際に使用するときと同じように、完全に差し込んでください。

切り取った放射状の部分とエアストーンをつなげるのですが、
棒状のものが長すぎますので、エアストーンの長さ分、棒を切断します。

切断する長さは、放射状の部分とエアストーンを手に持って合わせた寸法で決めました。
形状が異形なので、実際にモノサシで測ることが出来ずおおよその位置で決めています。

パイプカッター

ワンポイントアドバイス

少し余談になりますが、丸い棒状のものを切る時、私は上の写真の
塩ビ管などを切断する、パイプカッターを使用しています。

スポンジフィルターLS-30棒状部分カッターで切断

今回の棒状の部分も細いものですので、この様な工具を使用しなくても
カッターナイフなどで切断可能だと思いますが、パイプカッターを使用すると
切断面が真直ぐになりますので、丸い棒状のものを切断するときには便利です。

SK11 パイプカッター PC-32
出典:DIYツールストア楽天市場店販売ページより

スポンジフィルターLS-30S棒状分パイプカッターで切断

余談を挟みましたが、実際に棒状のものを切断します。
パイプカッターでクルクル回しながら切っていきます。

スポンジフィルターLS-30S棒状部分切断した寸法

この棒状の部分は少し円錐状になっていましたが、綺麗に着ることが出来ました。
切断した棒状の部分を測ってみると、約1.67cmありました。

スポンサーリンク




もうすぐ完成!

言葉で書くと長くなってしまいますが、そんなに長くは掛りません。
もうすぐ完成です。

スポンジフィルターLS-30S棒状部分エアチューブで接続

さて最後はエアチューブの長さを決めます。
先にエアストーンのほうにエアチューブを挿せるところまで挿し込みます。

上部は先ほど切断した約1.67cmの棒を差し込みます。
上の写真、赤いラインより上部は上のフタに差し込みますので
このラインぐらいまでで止まるようにエアチューブの長さを決めます。

接続するエアチューブの長さ

ちなみに私の作成したエアチューブの長さは、約1.72cmでした。
小数点以下は気にすることはありませんが、おおよそこの位の長さになると思います。

完成したエアストーン部分を上のフタと接続 スポンジフィルターLS-30S上のフタとエアストーン接続完了

これで全ての部品の改造及び製作は完成しました。
あとは上の写真のように組み立てていくだけです。

SL-30Sのスポンジ上のフタに、いま製作したエアストーンの部品を挿し込みます。

スポンジフィルターLS-30S改造した部品の組み立て1

そしてスポンジの内側になる部品と合わせます。

スポンジフィルターLS-30S改造した部品の組み立て2

スポンジの内側になる部品と組み合わせ、下から見ると上の写真のような感じです。

スポンジフィルターLS-30S改造した部品の組み立て3

通常はスポンジをはめてから下のフタを閉めますが、
写真撮影のためにまだスポンジは、はめていません。

スポンジフィルターLS-30S改造した部品の組み立て4 スポンジフィルターLS-30S改造した部品の組み立て5

下のフタを閉め、隙間から覗いてみるとエアストーンがなんとなく見えています。
スポンジをはめて、下から撮影した写真でもお分かり頂けると思います。
この形が私の製作した完成品です。

スポンジフィルターLS-30S改造した部品の組み立て6

そしてスポンジをはめ、きちんとした完成品を撮影してみました。
スポンジの中の部品の部分を改造しているので、外からは分かりませんが
上の写真の物が完成品です。

スポンジフィルターLS-30S組み立て完了改造後の姿

スポンジフィルターSL-30Sを上から撮影しても、改造前と同じフォルムです。

完成後、音の検証

さて少し長くなりましたが、上記の内容にてスポンジフィルターSL-30Sの
改造が完了しました。

このページ冒頭に見ていただきました音の動画、
改造完了後の動画も撮影してみましたので、両方の音を確かめてみてください。
両方の動画とも、約10秒ほどの動画です。

改造前のスポンジフィルターの音

上の動画が改造前(純正)の音動画です。

改造後のスポンジフィルターの音

上の動画は改造後の音動画です。

泡の大きさも違えば、音も静かになっていると思いませんか。

以前にも同じスポンジフィルターを同じ方法で改造したものがありますが
この様な改造をしてもきちんと機能しています。
また水中の浮遊物やゴミなどもきっちりキャッチしてくれています。

もしLSS研究のこの形状になっているスポンジフィルターをお使いで
吐出する音が気になる!って方は、一度試してみてはいかがでしょうか。
ちなみに私はLS-20Lでもこの改造を行ってみましたが、問題なく機能しています。

ブラックビーシュリンプ50cm水槽立ち上げ一連記事

スポンサーリンク




関連記事

スポンサーリンク

水槽の立ち上げリセットの記録
外部フィルタースペック比較

CATEGORIES

水槽本体レビュー 水槽用品レビュー

REVIEW

  1. 錦えびプロシリーズフードベジタブル
  2. ひかりクレストディスカス
  3. LeafCorpテラコッタシェルター小
  4. エビのエサ6種お試しセットレビューまとめ
  5. テトラブラインシュリンプエッグス
  6. 水アカ落とし
  7. FULVIC 02(エビのエサ6種お試しセット)
  8. Leaf「CO2」ボンベ74g
  9. 冷凍イトメ(糸目)
  10. 購入経験のある水槽本体レビュー
  11. 冷凍ディスカスハンバーグ
  12. ROSSO PLEMIUM FOOD

掃除グッズレビュー
エサ(餌)レビュー

NEW PAGE

水槽屋.com
ページ上部へ戻る