,

プラ箱L60ブラック

プラ箱「L60ブラック」のデーター
大きさ 外寸:幅80×奥行き52×高さ20cm
内寸:幅76.8×奥行き49.7×高さ19.9cm
水容量 約51リットル
購入先 楽天市場チャームさん ⇒⇒⇒

最初届いたときは、セメントでも捏ねるのか?と
言わんばかりのトロ舟プラ箱L60。

私のイメージがそうだったのかもしれませんが、底砂敷いてレイアウトしてみると
トロ舟プラ箱もなかなか面白い水槽でした。

上からだけ覗いて観賞する水槽と思ってレイアウトすると、側面が見えないので
ガラス水槽から比べると、なんとなく適当にレイアウトも出来るし
水草がメインの水槽だから、たくさん植えることが出来るなって感じでスタートしました。

ベアタンクの状態でも良い感じもしますが、やっぱり私はこのトロ舟プラ箱水槽に、
底面フィルターを仕込んで、底砂には私の定番「田砂」を敷いて、
あとは好きな水草と水辺植物などを入れて、生体には小川ブラックメダカを導入して
ビオトープとして現在も動いています。

大きさは幅80cm程度ありますので大きくは感じるかもしれませんが、
高さが20cmほどなのでそれほど大きくは感じませんでした。
置く場所も屋外(私はベランダ)なので、邪魔にもなりませんでした。

そして、トロ舟プラ箱に底砂や水を入れていない時に持ち運ぶときは
軽いので片手でラクラク運べます。

また洗ったりする時も、お風呂場で洗うことが出来る大きさでしたので
一度リセットした時に洗いましたが、軽く割れることもないものなので
ガラス水槽を洗う時よりも簡単に洗うことが出来ました。

これはトロ舟プラ箱のデメリットではありませんが、当初設置した時に
ベランダの地べたに置いていましたので、座りっぱなしか中腰が多くなり
いろいろと作業するのがつらかったです。

メタルラックの上に乗せたプラ箱L60

しかし現在はエアコンの室外機をまたがせる形で90cm幅のメタルラックを組み
その上にトロ舟プラ箱を置くことにしたら、立った状態で水槽内の作業が
出来るので、大変楽になりました。

建築用の箱というイメージの強いトロ舟プラ箱ですが、水槽として使用するにも
デメリットって、ほとんど感じないトロ舟プラ箱ですので、いろんな使い方ができ
アイデア次第では面白い水景が出来あがると思いますので、まずはビオトープから
始めてみてはいかがでしょうか?!

その他の水槽レビュー

スポンサーリンク







スポンサーリンク




関連商品

  1. 購入経験のある水槽本体レビュー

    購入したことのある水槽をレビューしたページへの目次

  2. レグラスフラットF-900S

    コトブキ工芸「レグラスフラットF-900S」のレビュー

  3. グラスアクアリウムGA-60T

    テトラ「グラスアクアリウムGA-60T」のレビュー

  4. コトブキ工芸レグラスフラットF-250SH/B

    コトブキ工芸「レグラスフラットF-250SH/B」のレビュー

  5. プラ箱L20ブラック

    トロ舟プラ箱「L20ブラック」のレビュー

  6. アクアスタイル600LOW

    コトブキ工芸「アクアスタイル600LOW」のレビュー

スポンサーリンク

水槽の立ち上げリセットの記録
外部フィルタースペック比較

CATEGORIES

水槽本体レビュー 水槽用品レビュー

REVIEW

  1. エビのエサ6種お試しセットレビューまとめ
  2. 錦えびプロシリーズフードベジタブル
  3. スピナッチタブ~ほうれん草含有飼料
  4. ピンセット
  5. EbitaBreed業務用シュリンプフードTypeB(エビのエサ6種お試し)
  6. ニチドウ殻無ブラインシュリンプ
  7. Leaf「CO2」ボンベ74g
  8. テトラブラインシュリンプエッグス
  9. プラ箱L60ブラック
  10. さと美えびシュリンプフード【動物性】
  11. プラ箱L20ブラック
  12. コトブキ工芸レグラスフラットF-250SH/B

掃除グッズレビュー
エサ(餌)レビュー

NEW PAGE

水槽屋.com

ARCHIVES

ページ上部へ戻る