お知らせ

極火蝦レッドファイヤーシュリンプ引っ越し

2019年1月にアーク500水槽から30cmキューブ水槽[2]に極火蝦レッドファイヤー
シュリンプの引っ越しを計画していましたが、ルリーシュリンプ赤ずきんタイプを
30cmキューブ水槽[2]に導入することに変更し、引っ越しを見合わせていました。

そして30cmキューブ水槽[2]にルリーシュリンプ赤ずきんタイプを導入を行いましたが
最近ルリーシュリンプ赤ずきんタイプの調子が上がらないので、ルリーシュリンプを
サテライト水槽に移し策を練っていました。

そして私の出した答えは、ルリーシュリンプ赤ずきんタイプはサテライト水槽で
もう少し様子を見ることにし、もともと考えていたように極火蝦レッドファイヤー
シュリンプを30cmキューブ水槽[2]に引っ越しをさせることにしました。

極火蝦レッドファイヤーシュリンプ引っ越し

引っ越しの詳しいレポートは後日させていただこうと思っていますが、めちゃくちゃ
神経を使う引っ越しとなりました。

何に一番神経を使ったかと言うと...
引っ越し準備で水草などを全て抜いていると見えたのが、まだ色もほとんど付いていない
産まれたてのような稚エビがたくさん!

この稚エビを見つけるのが大変なこと、大変なこと!
成エビを掬ってから目立つ物が無くなった水槽の中で、透明に近い稚エビを探すのは
めちゃくちゃ神経と目を使いました。

アーク500水槽に居た稚エビは全て掬ったつもりですが、まだどこからか出てくるのでは
ないかと、何も居なくなったアーク500水槽は飼育水を回しています。

実際、全部掬ったと思って1時間ぐらい経過した時にアーク500水槽を見ていると
2匹の稚エビがガラス面に貼り付いていました。

本当はアーク500水槽から全てを掬いあげたと思ったこの日に綺麗に洗いたかったのですが、
もう2~3日置いておく方がいいような状態です。

きっちり数えた訳ではありませんが、100匹は超える、いや200匹は越えるかもしれない
極火蝦レッドファイヤーシュリンプの引っ越しでしたが、一応完了しました。

また後日レポートさせていただきたいと思います。

スポンサーリンク







スポンサーリンク




スポンサーリンク

水槽の立ち上げリセットの記録
外部フィルタースペック比較

CATEGORIES

水槽本体レビュー 水槽用品レビュー

REVIEW

  1. テトラキリミンとキリミンブライト
  2. プラ箱L20ブラック
  3. レグラスフラットF-900S
  4. 水アカ落とし
  5. GEXグラステリアスリム450
  6. エーハイムEJ-60
  7. 熱帯魚・エビ達のエサ(餌)レビュー
  8. ひかりクレストディスカス
  9. ffnum27国産ちぢみほうれん草15g
  10. 購入経験のある水槽本体レビュー
  11. 外部フィルタースペック比較
  12. ニチドウ殻無ブラインシュリンプ

掃除グッズレビュー
エサ(餌)レビュー

NEW PAGE

水槽屋.com

ARCHIVES

ページ上部へ戻る