,

コトブキ工芸アーク500CFセット

コトブキ工芸「アーク500CFセット」のデーター
大きさ 水槽全体:幅50×奥行き18×高さ23cm
飼育槽:幅45×奥行き18×高さ20cm
セットサイズ:幅50×奥行き21.5×高さ24.9cm
ガラス厚 5mm
水容量 約14リットル
購入先 楽天市場チャームさん ⇒⇒⇒

変わった形の水槽が欲しくて、いろいろと探しましたが
大きさ、価格共に、私の目に留まったのがコトブキ工芸アーク500CFセットでした。

なぜ変わった形の水槽が欲しかったかというと、いつも四角の水槽を見ていると
コケのない時などは特に、綺麗だなぁ~と思いますが、何ヶ月かに1回、ちょっと
飽きる時があります。

なんか丸みが欲しい!と思う時があります。

と言っても、すぐにその衝動はなくなり、翌日には完全に忘れているのですが(笑)
今回はその衝動が続いてしまいました。

それと水槽内をリセットをした時などに洗浄をするとき、私はお風呂場に持って行き
水槽を洗うのですが、あまり重たくないものが良いという理由もあります。

腰がすぐに痛くなる私ですので、あまり水槽が重いと持って行くのも大変。
それに60cm水槽クラスになると、底砂を出したり、器具などを取り除いたりする時
立ったり、しゃがんだりと、なかなか腰にきます。

若い時は大きな水槽で「圧巻!」にあこがれていましたが、だんだんと
年齢を重ねてくると、水槽のデザインも重要視したいですが、持ち運びや
掃除(洗浄)を行いやすい大きさが良いと思うようになってしまいました。

いろいろな角度からの理由はありますが、デザイン性・大きさから考えると
このアーク500CFセットは探した中で、自分にぴったりハマった水槽でした。

特に気に入った点

コトブキ工芸「アーク500CFセット」を楽天市場のチャームさんで見ていて
一番気に入った点は、飼育槽が宙に浮いているという点です。

アーク500飼育槽部分

写真を見ていただくと分かると思いますが、前面と背面ガラスに
挟まれている水を張る部分(飼育槽)が宙に浮いています。

ARK(アーク)とは方舟を意味するので、この水槽はそのイメージで
作られているのですね。

そしてその水を張る部分(飼育槽)左右及び底面は、スモークガラスに
なっていてスタイリッシュでおしゃれ感を醸し出しています。

さらには専用のボードが付いており、インテリアにも溶け込みそうです。
特に気に入った点はやはり形。あまり見ることのない形をした水槽でしたので
その他の水槽にも目は行きましたが、やはりアーク水槽に決めました。

形以外に気に入っている点は、水容量は14Lと少ないですが
60cm水槽などに比べると断然軽いので、取り回しも楽ですし
掃除や洗浄も楽です。

商品が到着してすぐにお風呂場で水洗いを行いましたが
水を張った状態ではあまり持ち上げないほうがいいと思いながらも
試しに軽く持ち上げましたが、なんなく持ち上げることも可能でした。

アーク500に底面フィルターを敷く

底面フィルターも水作のボトムフィルターを3枚敷くことが出来
幅・奥行きともピッタリと収まってくれます。

ちょっと難点

少し難点があるとするならば、下の写真部分。

水槽に付属しているガラス蓋ですが、ほぼピッタリサイズになっていますので
ヒーターのコード等を出そうと思うと、ほぼギリギリです。

アーク500ガラス蓋右側 アーク500ガラス蓋左側

最初の写真は水槽に向かって右側の写真となり、左側からも底面フィルターの
エアチューブなども出しているので、その影響もあり左右が狭くなっていると
思いますが、あと5mmほど余裕があればと思ってしまいます。

私はエアポンプなどのチューブはスリムタイプのφ3mmを使用していますので
これはなんなく出てくれますが、ヒーターのコードは結構厚みがありますので
上手く這わせてあげないと、ガラス蓋から出しにくいと思います。

写真に写っているヒーターは、コトブキ工芸めだかオートSH50Wなのですが
こちらは上手くカーブさせれば通ってくれます。

この一点が私には少し難点な箇所かな?と思います。

その他は特に使いにくいなどと感じたことはありません。

大きい水槽が好みな方にはちょっと小さすぎる水槽だと思いますが
インテリアの一部に溶け込むように置いておけば、面白い水槽だと思います。

コトブキ工芸のアーク水槽は下記の3種類が発売されていますので
置く場所に応じて、チョイスするのが面白いと思います。

コトブキ工芸 kotobuki アーク500 CFセット おしゃれインテリア水槽
コトブキ工芸 kotobuki アーク400 CFセット おしゃれインテリア水槽
コトブキ工芸 kotobuki アーク250 CFセット おしゃれインテリア水槽
出典:チャーム楽天市場店販売ページより

下記のリンクで、コトブキ工芸アーク500CFセットの商品内容を
書いてみましたのでよろしければご覧ください。

新水槽KOTOBUKIアーク500CFセット購入 ⇒⇒⇒

その他の水槽レビュー

スポンサーリンク







スポンサーリンク




関連商品

  1. グラスアクアリウムGA-60T

    テトラ「グラスアクアリウムGA-60T」のレビュー

  2. プラ箱L20ブラック

    トロ舟プラ箱「L20ブラック」のレビュー

  3. テトラグラスアクアリウムGA-30LE

    テトラ「グラスアクアリウムGA-30LE」のレビュー

  4. 購入経験のある水槽本体レビュー

    購入したことのある水槽をレビューしたページへの目次

  5. プラ箱L60ブラック

    トロ舟プラ箱「L60ブラック」のレビュー

  6. アクアスタイル600LOW

    コトブキ工芸「アクアスタイル600LOW」のレビュー

スポンサーリンク

水槽の立ち上げリセットの記録
外部フィルタースペック比較

CATEGORIES

水槽本体レビュー 水槽用品レビュー

REVIEW

  1. アクアスタイル600LOW
  2. 熱帯魚・エビ達のエサ(餌)レビュー
  3. プラ箱L20ブラック
  4. アクアリスト1200LT
  5. ROSSO PLEMIUM FOOD
  6. 水アカ落とし
  7. 購入経験のある水槽本体レビュー
  8. EbitaBreed業務用シュリンプフードTypeA(エビのエサ6種お試し)
  9. ピンセット
  10. コトブキ工芸アーク500CFセット
  11. 冷凍イトメ(糸目)
  12. キョーリン「フィーダーカップ」

掃除グッズレビュー
エサ(餌)レビュー

NEW PAGE

水槽屋.com

ARCHIVES

ページ上部へ戻る