BLOG

アーク250水槽、照明FLAT LED 2032に変更

コトブキ工芸FLATLED2032ブラック

前回、立ち上げレポートを行った、コトブキ工芸アーク250水槽に使用していた照明
「テトラ LEDスマートライト LED-SL」ですが、やはりメーカーも違いますし、
取り付け方が全く違ったため(下の写真)、大きさも合わず不釣り合いな格好でした。

テトラ LEDスマートライト LED-SLの取り付け方

いつかはアーク250水槽にマッチする使い勝手の良い照明に変更したいと
思っていましたが、その夢が早々に叶う時がきました。

照明を変更して最初に思ったのは、既存の照明LED-SLより明るい!
そして取り付けも簡単!水槽にマッチする!ってことでした。

その照明、コトブキ工芸「FLAT LED 2032」のお話にお付き合いください。

スポンサーリンク







スポンサーリンク




照明ってこんなに安くなったんだ!

今回購入に至った経緯は、アーク250CFセットの箱に載っていた写真からでした。

コトブキ工芸フラットLED2032ブラック

アーク250水槽は小ぶりな水槽ですので、なかなかサイズに合う照明はないのでは?
と思っていましたが、OPTIONのところに写っていた「フラットLED2032 ブラック」は
コトブキ工芸が発売しているLED照明なので、推奨商品のように記載されています。

箱に載っている写真では、写真が小さくあまりイメージが出来なかったので
楽天市場のチャームさんで調べてみると...

収まりも良さそうだし、明るさもありそうで、価格も安い!
私が購入した時点では2,808円とおこずかいでも手が出る範囲。

実は水槽照明って結構高いものだと思っていました。
昔、購入した照明は1万円とか2万円とか....今でもそれぐらい、
いやもっと高いものもあるとは思いますが、結構お高いものだと思っていました。

しかしモノが小さいからなのか?LEDの普及により価格もダウンしているのか?
勝手な思い込みですが、これぐらいなら失敗しても許せる範囲!ってことで
購入に至りました。

コトブキ工芸 フラットLED 2032
出典:チャーム楽天市場店販売ページより

私が購入したのは楽天市場のチャームさんです。
購入したカラーはブラックですが、シルバーも発売されています。

コトブキ工芸フラットLED2032ブラック到着

そして商品が到着しました。
箱には「使えば分かる 本物の明るさと美しさ」と書かれています。
どんな明るさなのか早速試してみたいところですが、先ずは仕様を確認してみます。

FLAT LED 2032の仕様

  • 適応水槽:幅20~32cmの水槽(枠付き・枠なし水槽両対応)
  • 明るさ:230lm(ルーメン)
  • 色温度:12,000K(ケルビン)
  • 演色性:Ra84
  • 照射角度:120度
  • 定格消費電力:4W
  • 電気料金の目安:約33円(1日10時間30日作動の場合)
  • 大きさ:幅20.8×奥行7×高さ2.9cm(最薄部6mm)
  • コード長さ:1.85m

となっていました。

開封した中身をご覧ください。

コトブキ工芸FLATLED2032ブラック開封

箱から出したフラットLED2032の中には、上の写真のものが入っていました。
LED照明本体・電源アダプター・クリアリフトスタンド・説明書と注意書きです。

フラットLED2032ブラック本体上から撮影 FLATLED2032ブラックLED照明部分

LED照明本体の写真を撮影してみました。
LED電球が埋め込まれているので、薄~い本体です。
カラーの黒も綺麗な黒に思えます。

フラットLED2032ブラックLED電球配置

LED電球は2枚目の写真のように配置されています。
写真の中の「黒枠白丸」がホワイトのLED、「青丸」がブルーのLED、
「赤丸」がレッドのLEDとなっています。

FLATLED2032ブラックLED電球拡大1 FLATLED2032ブラックLED電球拡大2

左右分割で写真を撮影してみると上の写真のようになっています。
LEDの数は青、赤も含めて24個のLED電球が埋め込まれていました。

フラットLED2032ブラック照明スイッチ

スイッチ部分は上の写真のように、【Ⅰ】と書かれているほうにONすると
「青色・赤色2色が点灯」し、【Ⅱ】と書かれているほうにONすると
「白色・青色・赤色、全てが点灯」と切り替えが出来るようになっています。

FLATLED2032ブラック電源アダプター

そして電源アダプターですが、個人的には嫌いな四角いでっかいアダプター。
コンセント部分の場所を取るので、もう少し小さなアダプターにならないですかね~
まぁしょうがないか~と諦めるしかないのですが...短い延長コードでつなぐしかないですね。

フラットLED2032ブラッククリアリフトスタンド

あとはクリアリフトスタンドです。
クリアスタンドは左右の分、2個が付属されています。
枠付き・枠なし水槽どちらにも対応できるように、水槽への設置部分は【L型】になっています。

FLATLED2032ブラッククリアリフトスタンド挿し込み口

本体への取り付けも簡単で、上の写真、水色の丸の部分を
赤丸部分に挿し込みスライドさせるだけです。

フラットLED2032ブラッククリアリフトスタンド取付完了

左右両方のクリアスタンドを取り付けると、上の写真のようになります。
あとはクリアスタンドの位置をスライドさせ水槽幅に合うようにし、置くだけで設置完了です。

以上が内容品の内訳です。
では照明を点灯させた時の写真をご覧ください。

LED照明スイッチON!

コトブキ工芸のアーク250水槽にセッティングし点灯してみました。

FLATLED2032ブラックアーク250水槽にセッティング

推奨品なので当然ですが、水槽の大きさにもマッチしています。
水草も綺麗に見え、レッドファイヤーモスの赤とブリクサのグリーンが映えてくれます。

フラットLED2032ブラックアーク250水槽にセッティング上から撮影

上から見るとこんな感じです。
埃が目立ちそうな黒なので、掃除はマメにしてあげないといけませんね。

FLATLED2032ブラックLED照明全消灯

では照明の明るさをご覧ください。
上の写真は電源OFFの状態です。
後の水槽の照明が漏れてきていて分かりにくいですが、消灯するとこんな感じです。

フラットLED2032ブラック照明青・赤点灯

上の写真の状態は、「青色・赤色」2色点灯の状態です。
スイッチは【Ⅰ】に合わせたときの状態です。

海水魚を飼育するときのような照明の色です。
この水槽は現在ミナミヌマエビ専用水槽なので、ちょっとこの色では合わないですね。

FLATLED2032ブラックLED照明白・青・赤点灯

こちら写真は、「白色・青色・赤色」全点灯の状態です。
スイッチで言うと【Ⅱ】に合わせたときの状態です。

白のLEDが勝つというか青・赤はほとんど分かりません。
でも自分が想像していた以上の明るさでいい感じです。

小さい水槽なので、この照明で十分明るく全体を照らしてくれそうな気がしますし、
水草も勢いはないかもしれませんがいい感じに育ってくれるのではないでしょうか。

これで「テトラ LEDスマートライト LED-SL」から「FLAT LED 2032」に変更が
終了しました。収まりのいい照明になってくれたように思います。

やっぱりメーカー推奨品(OPTION)として発売されているものはしっくりきますね。
アーク500水槽のほうも器具一体型直管LED蛍光灯なるものを使用していますので
こちらもメーカー推奨品(OPTION)の「FLAT LED 3545」あたりに変更しようかな~

関連記事

30cmキューブ水槽用照明にフラットLED300

スポンサーリンク




関連記事

スポンサーリンク

水槽の立ち上げリセットの記録
外部フィルタースペック比較

CATEGORIES

水槽本体レビュー 水槽用品レビュー

REVIEW

  1. 冷凍ディスカスハンバーグ
  2. EbitaBreed業務用シュリンプフードTypeB(エビのエサ6種お試し)
  3. LeafCorpテラコッタシェルター小
  4. FULVIC 02(エビのエサ6種お試しセット)
  5. 冷凍アカムシ(赤虫)
  6. コトブキ工芸アーク500CFセット
  7. テトラブラインシュリンプエッグス
  8. キョーリン「フィーダーカップ」
  9. ピンセット
  10. エビサプリR2(エビのエサ6種お試しセット)
  11. 熱帯魚・エビ達のエサ(餌)レビュー
  12. 水槽や用品の掃除グッズレビュー

掃除グッズレビュー
エサ(餌)レビュー

NEW PAGE

水槽屋.com

ARCHIVES

ページ上部へ戻る