BLOG

ブラックビーシュリンプ水槽にCO2機器設置

AIネット熱くなりすぎない超小型電磁弁

ブラック(黒白)ビーシュリンプを導入しようと立ち上げたアーク500水槽も
飼育水が出来上がりましたので、最後にCO2機器を設置したいと思います。

ブラック(黒白)ビーシュリンプ用アーク500水槽の立ち上げ風景はこちら↓

レッドファイヤーモス ウォーターフェザー

CO2機器を設置するのは、上の写真のレッドファイヤーモスとウォーターフェザーを
この水槽へ導入する予定としていますので、その育成のためCO2機器を設置します。

以前にもCO2機器設置のレポートを書いていますが、今回使用するCO2機器の装置、
電磁弁を別メーカーのものにしましたので、新たにレポートしたいと思います。

ちなみに以前のCO2機器のレポートはこちら↓

スポンサーリンク




購入したもの用意したもの

今回も前回同様の機器を使用して、CO2機器を組み立てます。
この様に並べると、前回は細かい部品をたくさん使ってたんですね。

AIネット CO2フルセット キューブセカンド
ピスコ ニップル PIJ6
ピスコ レデュサー 直径6-直径3 PGJ6-3M
3mm耐圧チューブ用 接続アダプター 直径6mm-直径3mm
AIネット 逆流防止弁
水作 スリムチューブ 1.5m
水作 スリムチューブ用ジョイント 6ケ入 交換パーツ
水作 ジョイント 直型 20個
CO2拡散器 バブルカウントディフューザーS
リーベックス 簡単デジタルタイマー
出典:チャーム楽天市場店販売ページより

新たに購入したのはCO2機器本体、AIネットキューブセカンド2とピスコ ニップルPIJ6、
AIネット逆流防止弁、ピスコレデュサー直径6-直径3PGJ6-3Mを購入しました。

その他の部品は前回購入して余って使用していなかったものや、
予備で購入していた部品を使用します。

AIネット 熱くなりすぎない超小型電磁弁 新パッケージ
出典:レヨンベールアクア楽天市場販売ページより

そして冒頭にも書きましたが、前回使用していた電磁弁「LC CO2用電磁弁(2CG0219)」は
購入せず、今回はAIネット「熱くなりすぎない超小型電磁弁」を購入してみました。

購入した理由は、ズバリ「安いから!」前回使用していた「LC CO2用電磁弁(2CG0219)」より
2000円以上も安かったので、「熱くなりすぎない超小型電磁弁」にしてみました。

CO2機器、AIネットキューブセカンド2の組み立ては前回のレポートと同じなので、
今回は新しく購入した、AIネットの「熱くなりすぎない超小型電磁弁」を中心にお伝えしたいと思います。

一応CO2機器の紹介

一応、CO2機器AIネットキューブセカンド2の紹介を行います。

到着したAIネットCO2フルセットキューブセカンド AIネットCO2フルセットキューブセカンド開封した中身

今回キューブセカンドは楽天市場のチャームさんで購入したのですが
届いた商品は販売ページの写真とは少し違ったパッケージでした。

商品の中に入っていた内容は

  • CO2高圧ボンベ
  • スピコン付き減圧レギュレーター
  • チェックカウンター
  • ストップバルブ
  • 耐圧チューブクリア
  • シリコンチューブ 50cm
  • J字セッティングパイプ
  • セラミックストーン
  • チューブサポート×2
  • キスゴム(チューブ用)
  • キスゴム(チェックカウンター用)
  • ボンベスタンド
  • Oリングセッター

以上のセット内容となっています。

これだけでCO2添加が可能なセット内容となっていますが、私の組み立てでは
CO2高圧ボンベは無くなるまで使用しますが、その他は、スピコン付き減圧レギュレーター、
ボンベスタンド、それ以外の部品は全て使用しません。

なんかスピコン付き減圧レギュレーターのためにこのAIネットキューブセカンドを
購入しているみたいな感じですね(笑)それ以外に必要な部品は別途、自分が気に入った
部品を購入し、その部品と組み合わせています。(組合せの内容は下部にて)

キューブセカンドに付属している折れ曲がったエアチューブ

今回のAIネットキューブセカンド2ではシリコンチューブが使えない状態でした。
上の写真のように箱の中で折れ曲がり、空気の通り道が塞がれています。

私の場合シリコンチューブは使わないので、このままでもいいのですが
もう少し綺麗に巻かれて入っていれば...と思いました。

AIネットバブルカウントディフューザー

それから拡散器はAIネットのバブルカウントディフューザーを使用します。
こちらのディフューザーは以前からこのタイプのものを使用しており、
CO2添加のカウントが同時に行えるので気に入っています。

細かい部品を除いて、以上が使用するCO2機器の内容となります。
「熱くなりすぎない超小型電磁弁」の内容は次の章でレポートします。

スポンサーリンク




熱くなりすぎない超小型電磁弁

AIネットキューブセカンド2の内容説明が長くなりましたが、今回、私も初めて使用する
超小型電磁弁「熱くなりすぎない超小型電磁弁」のレポートです。

AIネット熱くなりすぎない超小型電磁弁パッケージ

届いた熱くなりすぎない超小型電磁弁のパッケージは上の写真のような形でした。
超小型電磁弁と言うだけあってか、幅11×奥行き11×高さ4cm程の小さな箱でした。

AIネット熱くなりすぎない超小型電磁弁開封した中身

開封すると、電磁弁本体・6.8cmの長さの耐圧チューブ・取扱説明書が入っていました。

AIネット熱くなりすぎない超小型電磁弁大きさ Leaf小型CO2用電磁弁(2CG0219)

電磁弁本体の大きさ(コード含まず)は、幅2.4×奥行き4.8×厚み1.5cmという小さな電磁弁でした。
ちなみに、現在もう一つのアーク水槽で使用している、Leaf小型CO2用電磁弁(2CG0219)は
幅3×奥行き4.8×厚み1.5cmとこちらのほうが、ほんの少しだけ大きな電磁弁です。

ほんの少ししか変わらない大きさですが、Leaf小型CO2用電磁弁(2CG0219)のほうが
チューブを差し込む突起部が無いので、小さく感じます。

AIネット熱くなりすぎない超小型電磁弁付属耐圧チューブ

6.8cmの耐圧チューブですが、私は使用しないので何かの時用に
仕舞っておこうと思います。黒色の耐圧チューブでした。

接続で迷った!

熱くなりすぎない超小型電磁弁をレギュレーターと
接続しようとした時に迷ったことを記載します。

電磁弁にはレギュレーターとの接続の際、CO2ガスの流れる方向を
間違わないように接続しなければいけません。

Leaf小型CO2用電磁弁(2CG0219)ガスの方向

Leaf小型CO2用電磁弁(2CG0219)は、初めて使用した時も
上の写真赤丸部分のように、流れる方向の矢印のシールが貼ってありました。

しかし、熱くなりすぎない超小型電磁弁にはシールもなにも印字もありません。
「ん?どっちがINでどっちがOUT?」と思いながら、いろいろ探しましたが
矢印のようなものは一切ありません。

AIネット熱くなりすぎない超小型電磁弁OUT側

と、電磁弁の側面を見てみると「赤丸」で刻印がありました。
私は「わざわざ赤丸で刻印してくれてる」と、てっきりこちら側が
IN側なのだと思いこみました。

AIネット熱くなりすぎない超小型電磁弁IN側

反対側を確認してみても何も刻印されている様子はありません。
「あ~やっぱりこっちかなんだ」と思っていましたが、
なんとなく説明書も見ておこうと再確認をしてみると...

AIネット熱くなりすぎない超小型電磁弁説明書

なになに?IN側の見分け方が書いてあるではありませんか!
説明書によると...

電磁弁の矢印★に「1」刻印があるほうがIN側です。

正直分かりにくい表現ですね~
「電磁弁の矢印★に「1」刻印」ってなに?
まぁ「1」の刻印を探せばいいんだなってことで
★のマーク辺りを探してみますが一向に「1」の刻印が分かりません。

私の頭の中では赤丸が目印のように感じていたので
「1」の刻印が見つからないと余計にこんがらがります。

AIネット熱くなりすぎない超小型電磁弁本体と説明書

あまりにも「1」の刻印が見つからないので、説明書の絵と実物の電磁弁を
紙の上に方向を合わせて置いてみます。

説明書の絵、電源ケーブルの方向から見ても、左側がINになるはずなのに「1」の刻印がない!
この電磁弁は「1」の刻印が忘れられた不良品?と、まで思ってしまいました。

でも何か見つからないことが癪で、舐めまわすようにいろいろな角度から見てみると。

AIネット熱くなりすぎない超小型電磁弁「1」の刻印

あったあった!ありました。
まぁなんと見にくい場所!真上から見ていると全く分かりませんでした。
チューブを差し込む突起部が被さっているではありませんか。

刻印を見つけることが出来たので良かったですが、
もう少し見やすい場所に刻印しておいてくれれば、すぐに分かったのに!
って気持ちになりました。

熱くなりすぎない超小型電磁弁を使用される時、「1」の刻印を探すには
斜めから見ると分かりやすいです。

でもよくよく考えてみると「1」の数字を探さないでも、【赤丸の反対側】が
IN側と覚えておけばそれでいいか!ってことですね。

これでやっと組み立てることが出来ます。

組み立て完了

組み立てが完成したCO2機器の写真をご覧ください。

AIネットCO2フルセットキューブセカンドを使用したCO2機器組み立て完成

今回組み上がった内容をよくよく見てみると、大きな部品はAIネット製品ばかりのCO2機器でした。
意図的にAIネット製品を購入したつもりはないのに、完成するとそうなっていました(笑)

AIネットCO2フルセットキューブセカンドを使用したCO2機器部品名称

使用したCO2機器、部品などに名称を入れてみると
上の写真のような感じになります。
アクアリウムをやるって、細かい部品が溜まっていきますね~

水槽の上の棚に設置したCO2機器

電磁弁の電源ON

さて組み立てたCO2機器を水槽の上の棚に置き、エアチューブなどの
長さ調整を行い、拡散器もつなぎセッティングは完了しました。

あとは電磁弁の電源を入れるだけです。熱くなりすぎない超小型電磁弁は
正常に動作してくれるでしょうか?

AIネットバブルカウントディフューザーから出るCO2ガス

電磁弁の電源を入れると「パチッ」という音とともにガスが流れ、少し待つと
CO2拡散器バブルカウントディフューザーから泡が少しずつ出てきました。

CO2添加量の調整を行い、ちゃんとCO2が添加されていることも確認できました。

最初はINとOUTの方向が分からず、刻印を探すのに結構迷いましたが
その方向も合っていたようです。

CO2が添加されている動画(約11秒)を撮ってみましたのでよろしければご覧ください。
これで上手くCO2は添加されていますので、あとは毎日のタイマー設定で自動で
添加できると思います。

本当に熱くなりすぎない?

最後にこの電磁弁の最大の特長である「熱くなりすぎない」についてですが
個人的な感想を記載したいと思います。

熱くなりすぎない超小型電磁弁を手で触る

設置した当日の夜、6時間後ぐらいに電磁弁の発熱を手で触って調べてみました。
まぁ「熱くなりすぎない超小型電磁弁」というだけあって、めちゃくちゃ熱くは
ありませんが、常温に近い温度でもない感じ。

表現が難しいですが、商品説明によると「周辺温度+20℃なので熱くなりすぎない」
とのことですので、上の写真のように手で触っても寒い日なんかだったら、暖かい
と思う程度だと私は感じました。

ブラックビーシュリンプの水槽へもCO2機器の設置が完了しましたので
レッドビーシュリンプ水槽で育成していた、レッドファイヤーモスと
ウォーターフェザーをブラックビーシュリンプ水槽へ移動します。

レッドビーシュリンプ水槽から移動した水草

先日レポートしたテラコッタの鉢を乗せる台を使用して、両水草をレイアウト
してみました。またレイアウト位置は移動するかもしれませんが、風山石と
水草を入れると水槽全体が少し締まった感じもします。

テラコッタの鉢を取り除いた後のビーシュリンプ達

上の写真はレッドファイヤーモスとウォーターフェザーを取り除いた後の
レッド(赤白)ビーシュリンプ水槽なのですが、テラコッタの鉢を取ると
ビーシュリンプ達が寄ってきて、何かを探し始めます。

いつも何かを取り除くと、取り除いた部分を必死にツマツマし始めますね。
ここにエサのカスでも溜まっているのでしょうか?

肉眼で見ても何も分かりませんが、ビーシュリンプ達にはなにか見えるのかな?
エサのカスではなく、微生物でも住んでいたのでしょうか?
私には見当もつきませんが、この様子を動画(約15秒)で撮ってみましたのでご覧ください。

ものすごく慌ただしく、成エビ・稚エビ達がツマツマしています。
この姿を見ているのも面白いですね。

このような感じで新しく立ち上げたブラックビーシュリンプ用の
アーク500水槽も完成いたしました。

あとは明後日に届くブラックビーシュリンプが元気に届いてくれるだけ!
どんなブラックビーシュリンプが届くか楽しみです。

スポンサーリンク







スポンサーリンク




関連記事

スポンサーリンク

水槽の立ち上げリセットの記録
外部フィルタースペック比較

CATEGORIES

水槽本体レビュー 水槽用品レビュー

REVIEW

  1. Leaf「CO2」ボンベ74g
  2. 外部フィルタースペック比較
  3. コトブキ工芸アーク500CFセット
  4. ニチドウ殻無ブラインシュリンプ
  5. 錦えびプロシリーズフードベジタブル
  6. 冷凍イトメ(糸目)
  7. ひかりクレストディスカス
  8. 冷凍アカムシ(赤虫)
  9. グラスアクアリウムGA-60T
  10. 購入経験のある水槽本体レビュー
  11. ffnum500エビ用ペレット(沈下性)
  12. 冷凍ディスカスハンバーグ

掃除グッズレビュー
エサ(餌)レビュー

NEW PAGE

水槽屋.com

ARCHIVES

ページ上部へ戻る