BLOG

風山石巻きオーストラリアンノチドメ38日目の姿

オーストラリアンノチドメ育成38日目

風山石にオーストラリアンノチドメを巻いて育成しています。
前回風山石に巻いてから、11日目に育成状況をレポートしましたが、
今日は38日目となりましたので、現在の状況をレポートさせていただきます。

現在のオーストラリアンノチドメはどのようになったかご覧ください。
前回のレポート記事 ⇒⇒⇒

ちなみに育成環境は

  • 水槽:60cm(テトラGA-60T)
  • 照明:LED器具一体型直管自作品(詳しくは ⇒⇒⇒)
  • CO2:添加あり 1滴/3秒
  • 生体:熱帯魚とエビ、貝
  • フィルター:底面フィルターと外掛けフィルター

スポンサーリンク







スポンサーリンク




オーストラリアンノチドメ前回の姿

まずは前回11日目の写真をご覧ください。

オーストラリアンノチドメ育成記、巻いて11日後

風山石に巻いた真中の辺りは全く芽が出ていない状態でした。

それから7日後

オーストラリアンノチドメを風山石に巻き付けてから18日目の写真になります。

オーストラリアンノチドメ育成18日目-1 オーストラリアンノチドメ育成18日目-2

少し小さな芽が出てきているようにも思いますが、まだまだ真中に
大きな変化はありません。

この頃は外周だけ伸びて、真中あたりはこのままになるのかな?と
思っていました。

そのまた7日後

25日目の写真になります。

オーストラリアンノチドメ育成25日目

少し真中にも芽が出てきたような感じがします。
そして外周の葉が少し大きくなったような気がします。

ただ写真左側の葉が少し枯れてきているような感じです。

そのまた9日後

34日目の写真になります。

オーストラリアンノチドメ育成34日目-1 オーストラリアンノチドメ育成34日目-2

34日目になると真中の部分も葉が茂り始めました。
小さなエビ達が遊びに来るようにもなり、少しは密度も高くなったような気がします。

そして今日38日目

そして今日38日目を迎えました。

オーストラリアンノチドメ育成38日目

少し照明が当たっていないのか、端のほうに枯れかけた葉がありますが
上から見てもある程度まとまってきました。

右端に少し伸びた葉からは、気泡が出てきていい感じです。
また一番気になっていた真中もたくさんの葉が出てきて、
見えていた風山石もだいぶと見えなくなってきました。

おおよそ1ヶ月目のオーストラリアンノチドメはいかがだったでしょうか?
一応今のところはこの場所から動かさないと思いますので
また来月も育成経過を眺めたいと思います。

ではまたレポートします。

前編・続編記事

スポンサーリンク




関連記事

スポンサーリンク

水槽の立ち上げリセットの記録
外部フィルタースペック比較

CATEGORIES

水槽本体レビュー 水槽用品レビュー

REVIEW

  1. 購入経験のある水槽用品レビュー
  2. キョーリン「フィーダーカップ」
  3. テトラキリミンとキリミンブライト
  4. ffnum500エビ用ペレット(沈下性)
  5. FULVIC 02(エビのエサ6種お試しセット)
  6. レグラスフラットF-900S
  7. EbitaBreed業務用シュリンプフードTypeA(エビのエサ6種お試し)
  8. グラスアクアリウムGA-60T
  9. プラ箱L20ブラック
  10. スピナッチタブ~ほうれん草含有飼料
  11. 熱帯魚・エビ達のエサ(餌)レビュー
  12. ピンセット

掃除グッズレビュー
エサ(餌)レビュー

NEW PAGE

水槽屋.com
ページ上部へ戻る